2006年01月08日

ドイツW杯へ向けて。

2006年を迎えて、一週間がたちました。
ドイツW杯開幕の日も、刻一刻と迫ってきます。そんな中で、ドイツW杯に向けて、動きがありました。

今年5月に予定しているキリン杯2試合を、5月8日〜14日の間に行うことが発表されました。
Jリーグは、5月7日で中断期間に入り、FIFAは、15日〜23日までを選手休養期間と称し、国際試合を禁止。
ということで、その間の一週間に2試合やっちまおうじゃぁないかぁー!ってな話ですね。
そして、代表チーム部統括部長さんが、ジーコと確認したそうですが…

2試合を見て故障者の状態をチェックし、メンバー登録をしたい。

とのこと。そして…

23人の発表も15日になると思う

ともおっしゃっておりました。
5月15日が、ドイツへ向かう…ドイツのピッチで戦う代表の発表です。


キリン杯が行われる期間は、国際Aマッチデーではないため、欧州組の招集はしない方向だそうで。
…となると、自動的に国内組招集なわけで…この2試合が、国内組の最後のアピールの場になるようです。
ちなみに、W杯前の国際Aマッチデーは、3月1日のアジア杯予選・サウジアラビア戦だけ。欧州組のアピール場は、ココだけになるようです。
欧州組は、3月1日の国際Aマッチデー。国内組は、5月のキリン杯2試合。が、とても重要になります。ただ、代表選手がよく言うように

代表は、クラブで結果を出した結果

クラブで頑張ってもらわなきゃ。
そーいった意味で、今、移籍話が持ち上がっている欧州組の柳沢敦(メッシーナ)、中田浩二(マルセイユ)、高原直泰(HSV)、小野伸二(フェイエノールト)には、自分の理に適ったトコロでサッカーをしてほしい。
高原と小野に関しては、海外での移籍になるのかなぁ…と思いますが、ヤナギとコージは「鹿島復帰」の文字がチラチラとしております。
コージなんて「サウジアラビア移籍!」なんて報じられましたが、それは全くないようです。コージってば、1泊2日で、サウジへ飛んで、環境等をチェックしてくるらしいですが、それで、キモチが変わることも100%ない、とコメント中。

欧州組だけでなく、Jでも、まだ移籍先というか、契約が済んでいない選手がいます。
自分のプレーが出来る場所へ。
自分がサッカーを楽しめる場所へ。
そんな場所へ所属して、のびのびとプレーをしつつ、W杯という世界の舞台を目指して欲しいです。

玉ちゃんってば、清水に移籍なの?名古屋?大宮?うわー…ドコなんだ!!

≪参考記事≫
W杯23戦士 5・15決定 国内組5・8キリン杯で代表入りアピール


人気blogランキング・投票


posted by 澪 at 00:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 日本A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。