2006年07月04日

中田英寿。

昨日、中田英寿が現役引退を発表しました。

中田英寿…ヒデ。
95年にベルマーレ平塚に入団し、日本のサッカー界に大きな貢献をもたらしてきました。

あたしにとって、ヒデとは、特別な存在です。
02年のW杯でサッカーにはまったアタシ。
そして、一番最初に目を奪われた選手は
柳沢敦でもなく
小笠原満男でもなく
小野伸二でもなく
中田英寿でした。

名前くらいは知っていたけど、サッカーなんて興味なくて
凄い選手なんだ、程度の認識だった。
サッカーに興味を持って、初めて好きになった選手だった。
もしかしたら、ヒデに興味を持ったから、W杯にも興味を持ったのかもしれない。
4年しか経ってないのにというか、4年も経ったからというか…その辺は、よく覚えてない。
あたしのブログにヒデの名前が出てくることは少ないけど
その当時の日記を見れば、ヒデの名前が所狭しと並んでいる
大好きだった。ううん、今も大好き。

メール全文は、今朝買ったスポーツ新聞で読みました。
Hide's Mailはいつも長いけど、今回も長かったね
メディアに嫌悪を示してみたり
チーム内で悪役をしてみたり
日本中のファンを敵にまわしたり
色々なことをやってきたヒデ
だけど、やっぱり、サッカーが好きな…サッカーに誇りを持っている人でした
だからこそ、あんなことが出来たんだよね
若いときから注目を浴びて、早い時期に世界へ旅立って、色々なことを経験して。
ヒデの一貫した思いは、
自分の経験してきたこと
自分の思っていること
日本代表が成長していること
これを皆に、日本代表に伝えることだった。
でも、ヒデは、伝えられなかったと書いていた。
日本代表がヒデと並んで歩くには、まだもう少し時間がかかるのかもしれない
けど、ピッチの上、ピッチの外のヒデを見て、皆、絶対に何か感じているはず。
その何かが確信に変れば、ヒデの願いは叶うのではないかと。
もう少し待っててね、ヒデ。


ヒデが泣いていた理由が、やっとわかりました。
それを思うと、本当に悔しくて、悔しくてたまりません。
語弊があるかもしれないけれど、今思うのは
ヒデのためにも、もっと上まで勝ち上がって欲しかった
ピッチの感触を確かめて、ファンに向って挨拶をするヒデ。
一生忘れないです。
いつか、日本に戻ってきて欲しいな

ありがとう。


ショックすぎて、ショックすぎて、学校を休むところでした。
友達は、スポーツ新聞全紙買ってました。

正直な話、ヒデには、ボロボロになる前に引退してほしいと思ってた。
それは、愛故に。
けど、こんな早くに引退するなんて思ってもいなかった。

もう甲子園じゃないけど
ピッチの草でも、むしり取ってお土産にしてあげたかった。

お疲れ様、ヒデ。


私信。
えーっと。しんみり感は、おいといて。
とりあえず、更新停滞気味なので、あまり変りませんが
更新ストーップします。
テストです。やばいです。
テスト期間は、2週間あるのに、1週間に詰められちゃったこの妙な感じ?
1週間早く夏休みになるけれど、辛いんじゃー!!!!
もう、どうしたらいいのかわからない状態。
毎年、半数以上の人が単位を落とすらしい必修授業が、2つも!
そして、両方同じ日にテスト!!(ひー…
レポートも書かなきゃいけないし。
皆さん、お元気で。アタシも元気に頑張ります。
posted by 澪 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本など長いけど
小野伸二とか小野伸二とかを貢献するみたい。


Posted by BlogPetのアントン at 2006年07月05日 11:40
きょうアントンがここに代表するつもりだった。
だからこそここへ平塚はピッチを存在するつもりだった。
そしてきのう、ここで平塚が興味とか経験する?
そして平塚がここへ平塚が挨拶するはずだったみたい。
そして平塚は名前に確信するはずだったみたい。
そして平塚と代表した?
Posted by BlogPetのアントン at 2006年07月15日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

千葉新築マンション 
Excerpt: 千葉新築マンションのご案内。
Weblog: 千葉
Tracked: 2006-08-28 16:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。